デスケーラーについての説明

ボイラーを導入する際に対策を考えていかなければならない問題としてスケールが挙げられます。

期待できるデスケーラーの情報を集めました。

これはボイラー水に含まれるカルシウム・マグネシウム・硫酸塩等といった成分が配管内に付着する事によって発生してしまう配管内の蒸気の流れう妨げる硬い皮膜の事で除去せずに放っておくと伝熱面の加熱破損を引き起こす事になってしまうのです。

この為スケールは発生したら除去しなければならない物となっているのですが、その硬さは一般の除去方法では除去する事が出来ない程に硬い物となっています。



そこでこの硬いスケールを除去する為の手段として開発された薬品がデスケーラーで、これは強酸によってスケールを溶かしていく強力な薬品となっています。
しかしその一方で従来型のデスケーラーは有効成分として塩酸を配合している物となっている事から使用後に適切な処理を行わないとボイラーを構成する金属を腐食させてしまう事や触ってしまうと非常に危険である事といった危険性もある薬品となっていたのです。



その為デスケーラーは安全面において不安が残る薬品となっていたのですが、現在においては研究が進んだ事や洗浄時間の短縮を行う働きを持つ添加剤のインヒビターが配合された事によって強酸性を持ちながら使用後の処理が簡単で且つ触っても水で洗えば無害という特性を持った腐食性の低い薬品へと進化を果たす事になりました。

この進化によって安全で使いやすい薬品となったデスケーラーは現在ボイラー掃除を行う際に欠かす事が出来ない薬品となっています。