デスケーラーとはどのようなものか

デスケーラーというのは、ボイラーなどの内側にできるスケールを除去するための薬品のことをいいます。

デスケーラーを知りたい方必見の情報を集めました。

スケールとは、主にカルシウムやマグネシウムの硫酸塩、炭酸塩、ケイ酸塩、水酸化物などからなる固形分のことです。
スケールは熱交換器やボイラーなどにおいて水が蒸発することによって、水中に含まれている溶解しない成分や揮発しにくい溶解成分が濃縮され、それらが析出することにより伝熱面上に付着し、蓄積してしまいます。

スケールが蓄積していくと、ボイラー内の対流の妨げになるなどして、伝熱面の破損の原因になります。



高温高圧ボイラーではとりわけその傾向が顕著です。

そこで、給水の際の前処理だけではなく、装置の掃除が必要になり、デスケーラーの使用が必要となります。



デスケーラーは強力な酸によりスケールを溶解し、除去することができます。

強い酸は金属を腐食させてしまうことがありますが、最近のデスケーラーは強酸性であるにも関わらず腐食性が従来のものよりも小さくなっています。

また、添加剤の働きによって、洗浄にかかる時間も短縮できるようになってきています。安全性についても従来のものより向上しているため、直接皮膚に付着することがあっても及ぶ影響が小さくなりました。
廃液に関しても、排水基準を満たすように作られているため、複雑で煩わしい排水処理を行う必要がなくなり、中和程度の簡単な処理を行うだけで廃棄することも現在の技術では可能です。